知育ってなんだろう?

新しいものってなんだかとってもワクワクしますね。もったいないしお金もかかるから長く物は使いたいですけれど、見ているだけなら罪はないかなと。

 

家電だったり、キッチン器具だったり、車だったり、わくわくするものはその時その時で異なりますが、今回はバイクの話題です。

 

日本のバイクメーカーは国内外で評価されていて、シェアも世界で一番高いと言われています。

 

最近は、スズキから海外向けのバイクが発表となりました。

 

これは、スズキが、ドイツ・ケルンで開催されている二輪車の国際見本市「インターモト」で発表したもので、海外向け二輪車の2015年新モデル6機種となっています。

 

この中でも注目なのは、ネイキッドバイク「GSX-S1000/ABS」と、フルカウル仕様車「GSX-S1000F/ABS」です。

 

。これは、MotoGPマシン「GSX-RR」、スーパースポーツバイク「GSX-R」の「GSX」シリーズに、新たに「GSX-S」として投入するストリートバイクとなっているそうです。

 

これらのバイクの特徴としては、新設計の軽量フレームの車体に「GSX-R1000」をベースに改良した直列4気筒エンジンを搭載し、力強い低中速トルクと 高回転域の出力特性を損なうことなく、一般公道に適したものとしているところのようです。

 

新しいバイクを買う時には、古いバイクの売却が先ですが、やっぱり新しいものはワクワクしちゃいますね。

続きを読む≫ 2014/10/01 21:46:01

我が家には1匹のオス猫がいる。

 

3年程前、産まれて間もないような仔猫を次男が拾ってきた。
次男の小さな手の上で身動きせず震える仔猫は、自宅近くの竹藪に置き去りにされていたようだった。
私以外の家族は飼うことに反対したが、どうしても飼う!と譲らない次男に妻も義母も根負けした。

 

そのオスの仔猫が今や、次男の手の上で震えていたのが嘘のようにふてぶてしく、家族のだれよりもマイペースに振舞っている。
毎日餌をやる私や妻に特に懐いているわけでもなく、命の恩人といえるヤンチャな次男とは気が合わないようで、ちょっかいを出される前に逃げて行く。
長男が家にいるときは、必ずと言っていいほどその膝の上に身を隠す。
猫はちゃんと次男が兄の膝の上まで追ってこないことを承知している。
中学2年になる長男は、部活に塾にと家にいる時間がめっきり少なくなっていた。
飼うのにあまり乗り気ではなかったが、今では家にいる時にはいつも猫と一緒にいるように思える。

 

長男は膝に乗った猫を構うでもなく、気が向くと背中を撫でる程度だ。

 

家族との会話が少なくなってきた長男とふてぶてしいオス猫。
何となくお互いに通じるものがあり、難しい年頃の1人と1匹にしか理解できない感情を共有しているように私には見える。

続きを読む≫ 2014/06/14 14:12:14

やっぱり痩せたいと思い、ダイエットをしようと思いましたが、食事制限をするよりも、今話題の「ナッツ」はどうかな?と思いまして。
ちょっとお腹がすいたときに、ナッツをつまむことにしました。

 

ドラッグストアの健康食品のところで、1週間分のナッツが小袋に分けられているものを発見!これなら気軽に持ち歩けると思って。早速購入しました。

 

ナッツ類を油分が多いから太る!そんなイメージですよね。きっとたくさん食べたら、確実に太ります。わたしが買ったものは、小袋1袋あたりのカロリーが160kcalくらいなので、決してカロリーが低いわけではありません。

 

でも、このナッツに含まれる油が、美容や健康に効果があるそうで。

 

痩せるなら、キレイに痩せたいですもんね!

 

このナッツをおやつに取り入れてみたら、不思議と食事の量が減りました。最初はおやつがナッツで満足感があるのか?と思っていましたが、けっこう腹持ちがいいんですね!
おやつとしても満足感があるし、食事の時間にもその満足感がまだ続いているから、食事の時間になっても、すっごくお腹が空いているって感じになりません。

 

そこまで急激に体重が落ちることはないですが、今のところ、無理なく少しずつ体重が減り始めましたよ^^

 

これからも、ダイエットのためはもちろんですが、美容や健康のために、ナッツを続けていきたいなって思っています!

続きを読む≫ 2014/06/14 14:11:14

私は、主婦でフリーライターをしています。

 

最近、クライアントさんも少しずつ増えてきました。

 

特別文章が上手ではないし、作文の宿題は苦手でした。

 

なぜ、私がフリーライターができているか。

 

それは、ネットでいろいろな文章を書く仕事が多くなっているからです。

 

 

企業も個人も、どこにでもあるような広告だけでは消費者の心は掴めません。

 

なので、商品を消費者目線で書いてもらいたいという企業が多くなっているのです。

 

また、日々のエンタメニュースも、テレビに出るような方の意見ばかりでなく

 

一般の主婦や、サラリーマンの考えも知りたいのです。

 

 

最近、うちの子供も興味を持っています。

 

会社員なので、昔ならフリーの仕事などは考えられなかったでしょうが、

 

今は、同じ会社で定年まで働けるかどうかわからない時代です。

 

家でできる仕事があるということだけでも知っておきたいようですね。

 

 

お子さんが小さい主婦の方は、子供が風邪をひいても自宅で仕事ができますし

 

定年後の夫婦の方は、ふたりで取り組むと年金生活も少し余裕ができます。

 

朝から何もすることがない。。。

 

けんかをするよりも、記事を書いたほうが精神的に健康になれます。

 

まずは自分のブログにいろいろ日記を書くと楽しいですよ。

 

旅行の写真や食べた物を載せると、思い出にもなりますね。

続きを読む≫ 2014/06/11 21:28:11

うちの息子(一歳半)は、昼寝後の機嫌がハンパなく悪いです。

 

起きて泣き、迎えに行ってもそれでも泣きまくりです。「じゃあ、抱っこ?」と言って手を差し伸べてみると、また泣く。しかも布団にダイブしてゴロゴロ回転しながら泣き叫ぶ。

 

「じゃあ、もう一回寝る?」と言って去ると、それでも泣く。

 

いつも結局のところ無理やり抱っこして寝室から連れ出します。

 

それから2時間が地獄のような時間になります。

 

飲み物も拒否、お菓子も拒否。大好きな「いないいないばあ」のDVDも拒否。

 

お気に入りのおもちゃも投げ飛ばすありさま。

 

外に連れて行けば気分が変わるかと思いきや、遊ばず私にべったり。(庭ですよ!庭!誰も周りにいないし!)

 

とりあえず芝生のところに立たせてみると、泣く。

 

なので結局は室内に戻ります。

 

まあ、毎日でないところが唯一の助けなんですけど、それでも、週に二回は起こります。

 

いつ立ち直るのか?まさに夕飯時です。もしくはパパが帰ってきたら。

 

夕飯まで我慢せずにおやつ食べればいいのに!

 

でも、結局は何を要求しているのでしょうね。要求が伝わらないから、私も息子も苛立ってしまいます。

 

しかし、この機嫌の悪さは何歳まで続くのでしょうか・・・意思疎通ができるようになるまででしょうか。・・・長い。

続きを読む≫ 2014/06/08 08:28:08

うちは、子供の生後間もないころから、布オムツで育てています。

 

布オムツを選んだ理由は、経済的なことと、肌に優しいこと、そして環境にも優しいからです。

 

あ、あと一つ。オムツ外れが早いと聞いたからです。

 

オムツ外れが本当に早いかどうかは、実際には個人によって違うみたいですけどね。

 

本を読んでいたら、布オムツは「おしっこでおむつが濡れている」感覚が分かりやすいから、子供にもその「不快感」がすぐに伝わり、それがおむつ外しの最初の一歩に繋がると書かれていました。

 

赤ちゃんは、成長するにつれて、排泄と次の排泄までの間隔が長く開くようになってきます。

 

というわけで、紙おむつの場合、赤ちゃんの年齢が増えるたびに、そこまでマメにおむつを交換しなくても大丈夫なんですね。(間隔が開くし、紙オムツは沢山吸収する上に不快感を感じさせないため)

 

じゃあ、布でも平気なんじゃん?と勝手な持論を展開し、私はオムツ替えを3時間おきにしてしまいました。

 

後に知ったのは、布オムツは、排泄で汚れたらすぐに交換するのが常識。布オムツをおしっこで濡れたままにしておくと、赤ちゃんがその感覚に不快と気づかず、挙句の果てには慣れてしまうからです!これではオムツ外しに何の効果も残さないでしょう。

 

なんて失態をしていたんだ、私は!!!

 

幸運にも、それを知ったのは「3時間替え」し出してからすぐだったので、それ以来はマメにおむつをチェックして、汚れていたら即座に交換するようにしています。

 

・・・子供が不快感を覚えてくれて、私に知らせてくれる、という日が来るのを願って。。

続きを読む≫ 2014/06/08 08:27:08